カテゴリ:
投資競馬にどういうイメージを持っているでしょうか。

今まではただのジャンル的な意味合いで使われることが多かったのですが、きちんと体系化された投資競馬がでてくるようになりました。

投資競馬は従来の競馬予想に比べて稼ぎやすいと言われています。

きちんと投資競馬が何なのかを定義しているサイトは1つしかありません。

みんなの投資競馬では「データ分析8割」「資金管理2割」と提唱しています。

前者を専門家が行い、後者を一般的な馬券購入者が行うことで競馬予想を効率化しようという試み。

非常に理にかなった考え方ではないでしょうか。ほとんどの人はデータ分析をしていません。

というより仕方が分からない。そのような具体的な手法は存在しなかったのですから当然です。

ずっと後者の「資金管理」しかしてこなかった。一般的な競馬予想と呼ばれるものは、その中身を見るとほとんどが「資金管理」なのです。

ただ、競馬新聞を読み予想して買い目を決めているだけ。それで差がつくわけないでしょというのが投資競馬の主張です。

JRA-VANを利用すればデータは漁ることはできます。でも、この種牡馬は重馬場では買いだと分かってもそれだけでは確実とは思えないですよね。

みんなの投資競馬では、今までに実現不可能と言われたレース評価をクラスリビルドという人工知能をもちいて表現できるようになりました。

どのレースに価値が含まれているのか。競馬新聞では分かりようもないですが、投資競馬の分析されたデータを見れば一発で分かるようになります。

そこまで分かるので何を軸馬にすれば良いかの決断も早くできてしまう。

どういったレースになりそうなのか。堅いレースなのか、荒れそうなレースなのかの判断もカンタン。

徹底的にムダを抑えられるメリットを一度体験してみる価値がありますよ。

軸馬と穴馬が分かるので最小構成で馬券を買うことができてしまう。

だからと言って穴馬がビシバシと当たるわけではないですが、小さい資金で一貫性のある狙いを続けられるのはスゴいメリットになります。

普通の競馬予想だったら買い目が多くなりすぎて資金が持たないけど、投資競馬はその数倍は長く運用できるのでデカい配当を引き寄せることができます。

実際に6千万円を当てた馬券を見ることができますし、なかには10年以上も勝ち続けている猛者たちが黙って利用してきたサイトなのです。

いま競馬予想界ではユーチューバー詐欺が流行しています。捏造がカンタンなスマホ馬券画像を偽造し、それに合わせて違う時間軸で撮影されたレース映像を用意する周到ぶり。

実際に当たったように見せかけて商材やサービスを売り込むという違法的なものでした。

これは詐欺的なノミ屋がやっていた手法なので反社会的な勢力もYoutubeをやる時代なのかもしれないですね。

まあ、とかく今の時代は誰かに予想してもらうリスクが高くなっています。

そのリスクが全くない投資競馬はこれからスタンダードになっていくのではないでしょうか。

私たちの生活に少しずつAIが使われるようになり、競馬も投資するように勝つ可能性を誰もが享受できる時代になるのかもしれませんね。

私は投資競馬を実践してきて確実に負けるシーンを減らすことができるようになりました。

従来の競馬予想よりも感覚的に行えるので馬柱じゃ分かりにくい!という初心者こそ投資競馬から始めるべきだと思います。

みんなの投資競馬は、業界最強のエージェントと独占契約しているとのことで一般に流通しない情報も見ることができてしまう。

また、JRA公式ツールを採用している点も安心度が違います。1から高額ソフトウェアを購入させられるなんてことはありません。

ただし、非常に厳しく情報管理されているため誰でも利用できるとは限らないのがネックと言えるでしょう。

厩舎への情報提供も行う可能性があるとのことで微妙な立場になっているのかもしれません。

調教師も自分の管理馬がどのレースで能力を発揮できるか分かれば賞金を確実に稼ぐことができるわけですから。

そういった点で見ると自主規制が入るのは仕方ないことなのかも。あまり普及は考えていない節もあるので利用できたらラッキーだと思った方が良さそうですね。

投資競馬は1つのツール、そして考え方に過ぎません。どうやれば自分は成果がでるのかをよく考えて実践していきましょう。