カテゴリ:
investkeiba

投資競馬を実践しているヒロミンが確実に稼ぐ方法を試してみました。

基本的なこととして、競馬を投資とするためには、それを可能にするためのデータを用意する必要があります。

投資競馬と言いながら予想を売りつける所は避けてください。あなたが予想を買うものだと考えているのなら、それは誤解だと指摘しておきます。

誰かの予想に頼るという原始的なスタイルから抜け出せるところに投資競馬の価値があります。

しかし、そのようなデータは無料で手に入ることはありません。そもそもデータ専門サイトはJRA-VANぐらいしかなかったのですから当然でしょう。

そのような高品質なデータを扱う所がたった1つだけあります。すでに高い評価を得ている公式ツールJRA-VAN NEXTを利用するため安心できます。

jravannext


そのデータを利用すれば高精度な本命投資が可能になります。なぜなら、1頭だけ能力が抜けた馬を見つけることができるからです。

ほとんどが1番人気になるのは当然ですが、レースへの理解が上がるため能力以上に買われている馬を効率よく避けることができます。

私も実践していますがレース選定さえしっかりやれば初心者でも問題なく運用できてしまうのがスゴイところ。

このケースではケタ違いの回収率を叩きだすことはできないものの、穴馬を効率よく狙うこともできるため本命投資で原資を作り、よりオッズの高い所を狙っていくというステップを踏んでいけるのも魅力的だと感じました。



みんなの投資競馬では、競馬予想の8割を占める【データ分析】が回収率の下限を決めると考えているのだとか。

競馬新聞を使った一般的な競馬予想法では、データ分析はやりようがなく単純な数字の比較でのみ買い目を出すしかありません

つまり、ほとんどデータ分析らしいことができなかった欠点を補ったのが投資競馬というわけなんですね。

ちなみに、ほとんどの馬券購入者が行っているのは競馬予想の2割とされる【資金管理】のみだけとのこと。

競馬新聞をナメまわすように見ても精度の限界から4番人気以降は効率よく予想することはできないそう。

今までとは違った新しい視点から競馬を見られる投資競馬は経験値を積むにつれ利益効率が良くなる傾向があるんだそう。

まるでRPGゲームのようですが、今ある競馬予想のように努力がムダにならないだけでもありがたいですね。

最初はラクに稼げるとはいかなかった僕ですが、1年を経て60万円オーバーの配当を手にすることができました。

1年かかるの?と思うかもしれませんが高配当は運の要素もあるので人それぞれかと思います。

なにより競馬新聞を使っていた時にはカスリもしなかった配当ですから、これだけでも投資競馬にチャンスがあることが分かるのではないでしょうか。

syushi